TAO Survey-Kamagaya


TAO Survey Kamagaya is nova survey with camera lens + CCD operated by TAO, private observatory of meineko.
TAO Survey  moved from Tsukuba, Ibaraki to  at Kamagaya, Chiba, Japan on 18 Jun 2013.

Instruments:
Samyang 85mm F1.4 (using as F2.0) + SBIG ST-10XME CCD with  Ic or V filter

System
MaxImDL+PinPointsLE
Python scpript developed by Dr. Hiroyuki Maehara, Kyoto University (SExtractor, pyRAF, MySQL).
#Dr. H. Maehara is now in U. of. Tokyo.

TAO Survey Camera



Data  are  available at  http://meineko.dyndns.org/~meineko/
This is test operation. Please notice sudden mentenace and shutdown without notice.


(Followings are  message in Japanese.)

CCDカメラにカメラレンズを付けて、新星捜索の真似事を数年前からやっています。
Icフィルターで星間吸収の影響を抑えつつ、暗い新星が捕まえらればと思っています。

2013年6月に千葉県鎌ケ谷市に移転しました。
これまでと違って、北天もある程度撮れるようになりましたが、逆に、南天のカバー率は悪くなています。
2014年5月に、レンズとCCDを新調しました。
2015年1月にレンズとCCDを元に戻しました。赤道儀を変えました。